キービジュアル

設計事務所は総合プロデューサー

建築を生み出す時、それに携わる多くの人々がいます。                         施主(貸し主)様、施工業者、不動産業者、借り主様。                         設計事務所として、建て主様の希望に最大限寄り添いながらも、その間を取り持ち、全ての人々がWin-Winの関係になるよう努力することで、継続的により良いものを提供していけると考えます。           また、企画段階でご相談していただけることで住宅・店舗の新築だけでなく、リフォームや改築・改修などの ご提案も可能です。

 

アーキプロットの領域 アーキプロットの領域

ご相談から工事完了までの流れ

01.相談・企画・提案
住まいについて施主様の考え方をお聞きし、私共の考えをお伝えします。ここで互いに共感できれば、企画を提出させていただきます。
この時に具体的な予定地があれば、現地調査の上で企画・提案とさせていただきます。
調査・企画は設計料の10%ですが、契約にいたらなかった場合は、調査費用(通常5万円前後+場所により交通費等)のみとなります。
但し、 契約に至らない場合は提出資料(コピー含む)はすべてご返却いただきます。(調査資料は除く)
また、プラン・アイデアの転用もお断りします。
02.設計監理契約
施主様とのご契約を結んだ上で設計及び工事監理を行います。
施主様側の立場での工事監理や工事を進めていく上での改良点を話し合いながら納得のいく住まいをご一緒に作り上げていきたいと思います。
03.現地調査・法規チェック
現地調査・法規制チェックについては建て替えやリフォームの場合また土地の候補がある場合は、企画・提案の段階で先行する場合があります。
・現地調査 土地の形状・地盤の調査
・法規制チェック 建築基準法や各行政の条例等、その他関係法令の確認を行います。
04.基本設計
基本設計図書(配置図、平面図、立面図、断面図等)
構造設計に関しても平行して行います。
05.各申請業務
各行政への申請書類の作成(※別途費用)
費用は規模により変わりますのでお問い合わせ頂ければ詳しくご説明致します。
06.実施設計
詳細設計図書(各詳細図、仕様書等)
07.見積り
図面が完成したら施工業者数社に見積りを依頼します。
数社に依頼する事によって競合し適正価格に近づけます。
施主様とご一緒にチェックし工事請負契約となります。
契約時また打ち合わせ時は同席しアドバイス致します。
施主様指定の施工業者がある場合は指定業者でも構いません。
08.施工監理
工事が図面通りに施工されているかのチェックを行います。
また変更等がある場合は構造的に問題がないか確認し適切な指示をいたします。
(申請内容と変わる場合は別途費用がかかる場合があります。)
※軽微な変更を除く
09.竣工検査
工事完了後に施主様及び施工業者立会いのもと検査を実施致します。
(※行政の中間検査及び完了検査は別途実施致します。)
10.アフターサービス
入居後の間取り変更等のアドバイスや建物の定期検査等(建物の劣化、設備等の劣化)、住まいのホームドクターとして末永くお付き合いさせて頂けたら幸いです。

設計料についての考え方(新築の場合)

設計科内訳
カッコ内:設計科の割合
お支払時期費用に含まれる業務内容
調査・企画(10%)
(契約に至らない場合は調査費のみ)
契約締結時 計画のお打合せ/現地調査/建築計画の提出
基本設計(20%) 基本設計完了時 設計条件の整理/基本設計図書
(平面図、立面図、断面図)
実施設計(40%) 実施設計完了時 実施設計図書(詳細図、仕様書等)の作成
建築確認申請 ※別途費用 行政機関への建築申請書作成
※一般住宅の場合15万円前後と申請手数料13万円程度
見積り調整 競争見積りの開催/見積りの検討/施工業者との契約時のアドバイス
※代替案の作成(見積りが予定金額を上回った場合)
建築工事監理(30%) 竣工時 竣工までの工事監理/変更事項指示
スワイプ