• 採光補正係数

    投稿日: 2022年01月17日

    先日のALVSという記事中に書いた採光補正係数について
     
    採光補正係数とは、居室は採光有効面積が部屋面積の一定割合以上
    取らなければならないという説明をしましたが、
    単純に窓の面積=採光有効面積とはならず、
    窓からの採光のしやすさの指標である採光補正係数を窓面積に掛けて
    採光有効面積を算出します。
    採光補正係数の算出式には、
    ①窓の平面的な敷地境界からの距離
    ②建物上端からの窓の距離
    ③用途地域により計算式の係数が変化
     
    ①は敷地境界からの距離が少ないと仮に隣地に建物等がある場合、

    光が入りにくくなることで想像しやすいでしょう。
    ②は例えばマンションの1階に比べ最上階の方が遮るものが無い分

    光が入りやすくなることで想像しやすいでしょう。
    ③は居室としての採光の重要度で住居系のほうが係数が小さく

     厳しい算出式になっています。
     住居系地域:D/H×6-1.4
     工業系地域:D/H×8-1
     商業系地域:D/H×10-1
     
    上記から採光補正係数は敷地境界から遠く、建物上端に近く、

    商業系の用途地域の方が大きくなります。
    採光補正係数は最大3で
    窓が道路に面していたり、隣地境界線から一定の距離以上離れている場合は

    最小1ですが、道路に面していなくて隣地境界線から一定の距離以上

    離れていない場合は、1よりも小さく、最悪0となって折角窓を設けていても

    有効採光面積に含まれなかったり、窓面積よりも小さくなる場合があるので

    注意が必要です。
     
    マンション等のチラシの間取図で6畳くらいあって窓もあるのに

    部屋名が納戸と書かれていることがたまにありますが、

    それは上記のような採光補正係数が1未満となって居室に

    必要な採光有効面積が確保されていない為、

    非居室である納戸表記としている為です。
    (慣例上、確認申請で明らかに洋室(居室)の体裁(窓があったり)

     でも1住宅(住戸)で一つまでは納戸として認められ確認申請がとおります

    (但しその場合は広告等の間取図には洋室という記載ではなくあくまで納戸という

     記載にしなければなりません) 

  • 今年の運勢は

    投稿日: 2022年01月11日

    長いようで短かった年末年始休暇も終わり
    本格的に2022年が始まりましたね。

    大掃除であったり、大切なご家族と過ごされたり、
    はたまた初売りに奮闘されたりと様々な過ごし方をされたかと思いますが
    私は自宅でゆっくり寝正月を過ごしておりました…

    とは言ってもしっかりと初詣には行ってきました!
    元旦は混雑してそうなので日にちをずらしてお参りしてきたのですが、

    昨年より人が多く驚きました!
    もしかすると初詣自体控えていた人が多かったのかもしれません。

    昨年の感謝と今年の健康を祈願した後、
    毎年恒例のおみくじを引いたのですが見事大吉でした!
    実はもう3?4?年ほど連続して大吉を引いているので
    全体の何割が大吉なんだろうと気になってしまいました…

    引いて気持ちがいいのはやはり大吉なので
    こっそり全部のくじが大吉で準備されてたりして!なんて考えたこともあったのですが
    周りでは大吉以外も出ているのでそれはないんですよね…
    当たり前と言えば当たり前なのですが。

    ともかく、幸先よくスタートした2022年。
    私も周りの人たちにも良いことがたくさん起きますように…

    それではまた。
  • 新年のご挨拶

    投稿日: 2022年01月06日

    新年明けましておめでとうございます。

     

    新型コロナウイルス感染症による影響を受けられた方々には謹んでお見舞い申し上げます。

    そして、医療現場の最前線で治療に当たっている医療機関の皆さまや感染拡大の防止のために、

    年末年始もご尽力されている多くの方々に深く感謝申し上げます。

     

    昨年も未だ猛威を奮う新型コロナウイルス感染症の流行による緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が続いた厳しい一年となりました。

    さらには新たな変異株による感染拡大など、新たな脅威も心配されています。

    しかしながら、ワクチンや治療薬など人類の叡知によって、一歩ずつ着実に良い方向へと進んでいるように感じます。

    そして、コロナ禍は私たちの社会や経済に大きなダメージを与えている一方で、さまざまな変化を生み出し、その中で新しいビジネスや文化も生まれつつあります。

    まさに、コロナ禍という厳しい冬にあって、新しい生命が「胎動」しているようではないでしょうか。

     

    弊社で言えばウッドショックに始まり半導体不足によるあらゆる設備の納期遅延や生産中止など様々な影響がありましたが

    流通に影響のない設備工事など今まで受注していないリフォーム工事などの新規事業の開拓に取り組む事で無事、乗り切ることが出来ました。

    今年も引き続き昨年の状態を冷静に振り返ったうえで、未来に芽吹き、花開くよう、しっかりと取り組みを進めてまいります。

     

    弊社スタッフや協力会社の皆さまとともに、2022年、明るく希望に満ちた社会の実現に貢献してまいります。本年もよろしくお願い申し上げます。

                                     令和4年1月6日

                                        株式会社アーキプロット
                                        代表取締役 下谷 竜磨

                                             社員一同

1