田園住居地域

投稿日: 2022年11月05日

2018年4月より新たに用途地域に加わった田園住居地域。
響きだけを聞くと農業を保護する地域なのかな?という印象を受けますが、
農業を守るためであれば都市計画区域外か市街化調整区域として定められ
市街化を抑制します。
田園住居地域とは、農業の利便の増進を図りつつ、
これと調和した低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するために
定められた用途地域ということになっています。

田園住居地域がつくられた背景には
「生産緑地の2022年問題」があるとされています。

生産緑地とは都市部の中にある農地のことで
生産緑地に指定された農地は固定資産税の軽減措置等を

受けれるメリットがあり多くの生産緑地が1992年に指定され、

その指定期間が30年間であったことから
2022年に指定が解除される予定でした。

指定が解除されれば、固定資産税が急激に高くなるので
負担が大きく、土地が一斉に売りに出されるのではないかと
懸念されたのが2022年問題です。

そうした中、生産緑地の土地を活用しやすくするために
農業の利便の増進を図りつつ、
これと調和した低層住宅に係る良好な住居の環境を保護すれば、
都市の中に農地が共存しやすくなるので
2022年問題の対策の一環として田園住居地域がつくられたということです。

実際は2017年に生産緑地法が改正され、
生産緑地を10年間延長できる特定生産緑地制度が出来、
2022年問題は起きませんでした。
 
そうしたこともあってか
2021年3月31日時点において、
田園住居地域に指定されたエリアは「ゼロ」だそうです。
 
そもそも生産緑地は点在して都市の中に存在しているので
地域として指定して制限を掛けるのも難しいものがあるのでは
ないでしょうか。
 
指定された地域はまだありませんが、田園住居地域に指定されると
開発規制 農地の開発や建築等を行う場合、市長の許可が必要となり、
一定規模以上の開発行為は不許可となるので注意が必要です。