• 木造住宅の屋上テラスについて

    投稿日: 2021年03月19日

    滝谷駅前住宅でも採用している屋上テラスですが、
    ここ最近になって増えてきていますが、
    これまで木造住宅の屋上利用はあまり多くはありませんでした。
    大きく理由は防水面とコスト面です。
     
    まず防水面については、 
    木造住宅の防水でよく使われるFRP防水やウレタン防水は軽量でシームレスに仕上げることが出来る塗膜防水ですが、
    伸縮性に乏しく、面積の狭いバルコニーには適していますが、
    屋上のように広い面積では木造住宅の挙動についていけず破れてしまう為不向きです。

    それに対し、我社で採用しているスカイプロムナードの金属防水工法は、
    亜鉛メッキ鋼板やステンレス鋼板を用い、特殊加工をして防水層を形成し、軽くて強靭で
    耐水性、耐候性、耐食性に優れメンテナンスフリーで不燃性、屋上緑化にも対応できる仕様になっています。
    地震が起こってもジョイント部分が揺れを吸収するオープンジョイント工法を採用して
    仮に地震が起こってもジョイント部分が揺れを吸収するため、防水層への影響が最小限にし、
    ジョイント部分から浸水しても排水経路を通って外部に排出されるようになっています。
    参照 
    https://www.eijyu.co.jp/bousui/taikyu.html


    さらにスカイプロムナードは、先日ブログで紹介させて頂いた住宅瑕疵担保責任保険に加え
    10年・30年保証が付いており、またシート防水や塗膜防水等他の防水とは異なり、
    通常の水周りの手入れ(表面や排水口のお掃除)だけで塗り替え等のメンテナンスが不要です。
    参照
    https://www.eijyu.co.jp/bousui/taiyou-nensu.html


    コスト面については、普通の屋根よりはコストは掛かりますが、
    アドハウス住宅販売では建物全体の価格でトータル金額として判断頂く事になるかと思いますが、
    色々な無駄等を見直してコストダウンを図り、建物全体価格として決して高いと
    感じることが無いような価格設定になるように努力しています。
    また注文住宅の場合でも、トータルコストのバランスとしてコスト高を吸収できるようなご提案を
    させて頂く事が可能なコスト高の範囲であろうかと思っています。
    それと上記したメンテナンスにかかるランニングコストが掛からない分、
    後々の負担が少なく済むのも他の工法と比べメリットかと思います。
     

  • 建て方工事

    投稿日: 2021年03月12日

    建物の骨組みを1~2日間で組み上げる作業の事で、一気に建物の形が立ち上がるので
    とても圧巻です。
     
    土台の上に1階の柱を建て、梁や胴差といった横架材を組み立てます。

                 

     

    土台と柱は計算によって出したその柱に掛かる引き抜き力の大きさにより
    ホールダウン金物やL字の金物で緊結します。

                 

     

    梁や胴差の接合は、仕口と呼ばれる木材の加工した形状をはめ込んでいき、
    羽子板ボルトという金物で補強します。

              

     

    その次に2階床の設置を行います。
    剛床工法と呼ばれる床下地合板に造用合板厚み24mm以上を用いて剛性を高めて、
    根太(床を支える補強材)や火打ち材(床の角に設ける斜めの材)を省略することができます。

             

     

    その後2階の柱を設置し、

            

     

    今回は屋上+塔屋ということで2階屋根にも床を設置し手摺壁の柱を設置します。
    同じように塔屋も組み上げていきます。

           

  • 省エネ性能の説明義務化

    投稿日: 2021年03月05日

    2021年4月より、建築物省エネ法が改正され

    小規模建築物(300m2未満の住宅・建築物)の設計に際して
    建築士から建築主へ書面での省エネ性能に関する説明が義務化けされます。
     
    間違いやすいのが、省エネ基準に適合するのが義務ではなく、

    説明が義務化するということで省エネ基準にを満たしていなくても

    建て主様が承諾すれば良いということになっています。
    説明する内容としては、
    ①省エネ基準に適合しているかどうか
    ②省エネ基準に適合しない場合、適合させるためにはどうのような変更が必要か、

    又それに係る費用となっています。
    具体的には、省エネ基準に適合しない場合省エネ基準に係る
    ・断熱材の仕様や断熱方法
    ・窓やドアの仕様
    ・暖房や冷房、照明・給湯・換気の設備仕様
    等をどうのように変更すれば省エネ基準に適合し、
    どれぐらいのコストアップになるかを説明します。
    もちらん、省エネ基準に適合させた場合、
    光熱費等のランニングコストが抑えられ、
    住環境が向上し快適に過ごせることも併せて説明を行い、
    建て主様に判断頂くということになります。

1 2 3 4 5 6 7 8